MENU

Blog

展示場の解体

長らくご愛顧いただいていた展示場「アルカネット浜松」は、

1月17日をもって展示を終了致しました。

 

今回は展示場の解体の模様をお届けします。

塗り壁を剥がし、断熱材を取り除いた状態がこちらです。

 

アルカネットは約20年ほど築年数が経っておりますが、

このように躯体はとてもきれいな状態を保っていました。

 

カビや腐っている箇所などもなく、木部はしっかりとしています。

 

現在の工法とは異なってはいますが、

当時としても優れた施工であったことが伺えます。

 

断熱の方法や施工の不備などがあると、

外部から湿気が侵入して躯体にダメージが及ぶこともあります。

 

知らず知らずのうちに建物がカビだらけになってしまうことも!?

 

完成後には見えなくなる部分こそ疎かにはできません。

 

現在の花みずき工房の工法と性能はこちら

 

家づくりの前にはぜひ確認してくださいね。

Related Articles

この記事を見た人は、次の記事もチェックしています