MENU

Column

家を清潔に保つ工夫

菌も花粉も防ぐことができる漆喰の塗り壁

私たちが設立当初より室内の塗り壁としておすすめしている漆喰は、昔から外壁にも使われているとても丈夫な素材で、抗菌・殺菌効果にも優れています。

現代人は花粉症に代表されるアレルギー体質の方も多く、現在もなお続くコロナ禍の影響もあり、目に見えないウイルスをいかに暮らしにもちこまないかが、お客様にとって住宅を建てる上でも大きなポイントのひとつとなっています。

外からウイルスを持ち込んでしまう玄関ホールなどの場所は、漆喰の塗り壁にすることでウイルスを分解する効果があります。加えて、家に帰ってきてすぐ手を洗えるように玄関ホールに洗面台を設置したり、外に持ち出した荷物や上着を生活空間に持ち込まないよう、シューズクロークにロッカーやコートハンガーを設置することで、さらに菌やウイルスの対策ができます。

このような方法は、花粉症の方にもとても効果的で、個人差はありますが、実際に花粉症が軽減したという嬉しい声もよくいただきます。

無理なく自然とお掃除の手間が省ける

 

塗り壁は、帯電しないため静電気が発生しません。そのため、壁や天井にほこりがたまってしまうことが少なく、お掃除は床だけをすればいいので楽々です。さらに無垢の床にすることでほこりが付着することも防げるのでさっと掃くだけできれいにできるという奥様にうれしい効果も。

吹き抜けのあるリビングの天井や壁は手が届かないのでお手入れしにくいですが、塗り壁にすることで自然と清潔を保つことができます。さらにお掃除の手間を減らしたい方におすすめなのが、扉を上から吊るす上吊り戸を取り入れる方法です。下のレールがなくなるのでほこりがたまりません。

 

使う目的によって素材を変える

 

キッチンなどの水や油が落ちやすい部分は、無垢の床材を使うと気を遣うので、あえてクッションフロアを使う場合もあります。クッションフロアはビニール製なので耐水性が高く、お手入れの際の洗剤も選びません。

木の表情を楽しむ無垢材は、家全体がシンプルな印象ですが、キッチン、トイレ、洗面脱衣室などの水回りをクッションフロアにすることで、家の中に遊び心を加えられるのもうれしいですね。

店舗の施工も数多く実績がある花みずき工房では、一般の住宅にも店舗用のクッションフロアをご提案することもできます。店舗用のクッションフロアは、柄がリアルでたくさんの種類がありますし、本来なら土足で使うことが多いため厚みもあり傷がつきにくいからです。中には少しの溝もないように、凹凸の全くないクッションフロアを選び、メジも一切でないよう仕上げるほど、お手入れのしやすさにこだわる方もいます。

このように目的に合わせて掃除のしやすい素材や、住む方の環境や体質に配慮した設備を選ぶことで、日々の生活の中で手間なく清潔を保つことができ、ご家族の心を豊かにすることにもつながっていると私たちは考えます

広報

Manami Miyamoto

Related Articles

この記事を見た人は、次の記事もチェックしています