MENU

Column

本質的な心地よさ

まるで森林浴しているみたい
それが本物と暮らす心地よさ

人間が日々一番体内に入れているのは空気です。普段仕事をする慌ただしい日常から離れ、山に出かけて自然の中に身を置いて呼吸をすると本来の自分を取り戻せるような気がするのは、おいしい空気を体いっぱいに取り込めるその所以でもあるでしょう。私たちがお勧めしている珪藻土や漆喰の塗り壁は、湿気やにおいをとる効果があり、呼吸しています。そのため、お悩みの結露も心配することがなく、カビも発生しにくいため、カビを餌とするダニが住み着きにくくなり、アレルギーを引き起こすハウスダストをおさえてくれることにつながっています。

さらに無垢の床材は、ウレタンの床と比べて静電気を起こしにくいため、ほこりもたまりにくく、さらさらとして裸足で歩けばまるで木の上を歩いているような感覚になります。言ってみれば、お家の中にいながらにして毎日森林浴をしているような澄んだ空気とともに過ごす暮らし=健康に直結している快適な暮らしを手に入れることができるわけです。

築60年の住まいから「経年変化」と「経時劣化」を知る

 

こんな経験があります。築60年のお家の建て替えの時のこと。そのお宅は、40年ほど前に一度増築したときに張り替えたキッチンの建材の床はかなり傷んできていたのですが、60年前からそのままの玄関と廊下・リビングのひのきの床はつやつやとしていて、まだまだ現役でいけるなと思うほど劣化がみられませんでした。

合成皮革のカバンが何年かするとひび割れてきて使い物にならなくてやむを得ず買い換えるのに対して、本革のカバンはお手入れするほどに味わいが増してむしろしっくりと馴染んで長持ちする・・そんな例えがわかりやすいでしょうか。

作りモノは寿命があるということ、そして徐々に劣化していきます。「自然素材は手入れが大変」と思われる方も多いようですが、長い目で見ればむしろ持ちがよく、さらに少し手をかけることで、時とともに美しい風合いへの変化も楽しめるということをぜひ知っていただけたらうれしいです。

本当にいい家だなぁと思える 住まう人の価値観

 

お家を建てたときに新しくて綺麗なのは当たり前ですが、違いを実感するのはそこに住み、何十年も生活をしてから。無垢の柱や床材を使った花みずきの家に住んでいると、10年も経っているのに、来客があると「木のいい香りがするね」とか、においに敏感な方には「においがしないよね」と、珪藻土などの塗り壁の消臭効果で生活臭の無さを指摘されることもあるという話はお客様からよく耳にします。

そこには、自然素材で作った本物の家に住んだ人だけが感じる、居心地の良さと本当にいい家の価値観が存在するような気がするんです。

広報

Shiho Matsuyama

Related Articles

この記事を見た人は、次の記事もチェックしています