MENU

Portfolio

ヨーロッパの惣菜に出会えるお店

You need to betrue to yourself

W.1067
浜松市 Kuche様
異国情緒漂うお店で出会えたのは、
鮮やかな欧風惣菜。

ヨーロピアンなファサードのガラス窓から覗き込んだだけでは、何のお店か分かりかねてしまうKuche様で売られているのは色鮮やかな欧風惣菜の数々。お店の名前「Kucheキュッヒェ」とは、ドイツ語でキッチンの意味。家庭では手間のかかる欧風のお惣菜や焼き菓子などを手ごろな価格で提供したいという意味が込められています。改装についてのオーナーのご要望は、フランスやスペインの街角にあるバール(酒場)のような外観。落ち着いた高級感のある内装、手洗いとトイレは、モロッコのような異空間をイメージしたいとのお話でした。壁の色使いを分けたことで、小さなお店に奥行きが生まれています。

店内の可愛らしいショーケースにはキッシュやテリーヌを始め、聞いた事も無いようなおいしそうなお惣菜の数々が並べられていて、訪れる人の視覚も楽しませてくれます。

お店の看板にはロゴにもなっている子豚をあしらったロートアイアン製の看板を設置し、ここが欧風のお店であることをさりげなくアピールしています。

長年欧風建築を手がけて来た花みずき工房では、豊富な経験を活かして非住宅の設計や改装も行っています。

Related Works

この事例を見た人は、次の事例もチェックしています