MENU

Column

整理整頓しやすい収納の作り方

物の定位置をしっかりと定めて、
散らかり難い暮らしを実現

花みずき工房では、お打合せをする際にお施主様のことを知ることから始めます。

当たり前のことと思われるかもしれませんが、家族構成や趣味、普段何を着てどんな仕事をしていて、将来はどんな暮らしがしたいのか?

などなど、とことんヒアリング致します。

そしてお施主様のことが分かってくると、お施主様の生活スタイルに合わせた提案ができるようになります。

例えば、仕事内容によって服装は変わってきますよね。スーツを着る方とラフな作業着のような動きやすい服装でお仕事をする方ではおすすめの収納が変わってきます。

スーツを多く持っている方は、ハンガーがたくさんかけられる収納のほうが使い勝手がいいですし、比較的カジュアルな服装が多い方はたたんでしまうことのできる棚のほうが便利だったりします。

物の定位置を決めるのは整理しやすい家を作るコツ

 

他にも玄関に無造作に置きがちな鍵は、玄関ニッチに見せる収納を作ることで置き場所が固定されて、なくす心配もありません。

洗面所には、化粧品やよく使うドライヤーやシェーバーなどの電化製品を置く場所をきちんと確保し、近くにコンセントも設置することでコードがぐちゃぐちゃになるといったストレスも減ります。

普段何気なく行っている生活ルーティンを数え上げるのは少し骨の折れる作業ですが、あらかじめ物の位置が決まっているとすっきりと収納できるので片付けの動作がぐっと楽になります。

お客様に寄り添ったヒアリングから本当の暮らしやすさを追求

 

実は、最初は収納なんて細かいところまで興味がないというお客様が多いのですが、じっくり聞いていくと「アクセサリーをしまう場所がほしい」「観葉植物を育てているから、センス良く飾りつつ収納ができたら」など後から要望が出てくるものです。

物が綺麗に収まるのはとても気持ちがよく、定位置が決まることで片づける場所がわかり、お部屋が散らかりにくくなります。

その分お打合せは大変になりますが、きちんと物の定位置が決まっているお施主様は、数年後にお伺いした時にも家の中をきれいに保っており、とても満足されて過ごされている印象です。

 

家を建てるときは、つい間取りや見た目のデザイン性を重視しがちですが、

暮らしに寄り添った細かいところにもこだわることで、さらに満足度の高い家ができあがります。

生活スタイルやルーティンに合わせて物の置き場所をしっかりと定め、いつでも整頓された気持の良い暮らしづくりを応援させて頂きます。

ハウジングアドバイザー

Mithiyoshi Yoshima

Related Articles

この記事を見た人は、次の記事もチェックしています