MENU

Portfolio

キッチンが主役の家

You need to betrue to yourself

W.1067
磐田市 M様邸
日常にビストロがある、
キッチンを中真に考えられた暮らし

ワインエキスパートの資格もお持ちの本格的な料理がご趣味のご主人と、中学生時代からお菓子作りを愛してやまない奥様の家づくりは、キッチンの大きさと配置を決めるところから始まりました。

必然的に家の中央に配置された、銘木で設えたカウンターと一体型のアイランドキッチンからは、フロア全体を一望できる様に間取りを設計。大きくとったダイニングルームには吹き抜け天井を設け、より一層広がりのある空間に設えています。

ダイニングと緩やかに繋がるリビング空間の天井も斜め天井で開放的なつくりに。

リビングと隣接する和室空間は襖で間仕切ることもできて、お客様の宿泊空間としてもお使い頂けるゲストルームも兼ねています。

ダイニングの吹き抜け空間からは2階のホールにも光を届ける事ができ、1階からの目線が届かない場所には室内物干しスペースを設けて雨の日の家事動線にも配慮しています。

内装、外観共に塗り壁をはじめとする自然素材を贅沢に使ったM様邸。プロヴァンススタイルの外観は看板こそ無いですが、どこか欧風レストランを思わせる佇まいに仕上がりました。

Related Works

この事例を見た人は、次の事例もチェックしています