スタッフブログ

見学会やイベント情報などのお知らせや、スタッフの日々の一コマをお送りします。

2020年12月28日

縁起物で祈りを込めて

お正月には年神様が各家を回るといわれています。年神様が家を見付けやすいように、家の目印として松の飾りを立てたことが門松の始まりだそうです。

毎年家族が裏山の整備がてら、作成している門松。

今年はコロナの影響も有り、気分も落ち込み気味。

訪れる方にもふと笑みがこぼれる元気が出るといいなと、

IMG_7011.jpg 

家族の協力を得て会社にも設置してみました。

気分も場も不思議と高揚しますね

IMG_7016.jpg

門松に使う竹は節をからめて斜めに切った際、
その切り口が笑い口に似ていることから、
「笑う門には福来る」ともいわれています

IMG_7015.jpg

笑って邪なものを吹き飛ばしていきたいですね。

山の実りを選定で出来るものだけで作成していますが、縁起ものには意味もありますし、祈りにも似た気持ちが届けばいいなぁと調べてみました。

松は、常緑樹で1年中青いため「永遠の命」の象徴です。また、松の中には樹齢数千年というものもあり、不老長寿と結びつけられるため、縁起が良いとされています。

竹は、寒い冬にも葉を落とさずに青々としています。その上、強風や嵐の中でも折れないたたずまいや、曲がらずに真っすぐ成長する姿から、「誠実な心」や「強い志」などの象徴です。

梅は、早春に他の花よりに先駆けて咲くため、「出世」「開運」の象徴です。また、厳しい寒さの中でも清らかな花を咲かせ、芳香を漂わせることから縁起の良いものとされます。

南天は「難を転ずる」→「難天」→「南天」という意味があり縁起の良い木とされ、魔除けや火災除けの効果がある言われています。

ダイダイは、1度実ると何年も木から落ちずにいるため、1つの木に何代ものダイダイが実っていることがあります。このことから、ダイダイは「一族の代々繁栄」を意味します。

また、正月飾りは12月28日までに飾ることが一般的です。29日から31日が縁起が悪いとされるのには理由があるようです。

29日は、発音した際に「二重苦」になるため縁起が良くありません。また、大みそかである31日に飾ることを「一夜飾り」と呼び、縁起が悪いとされています。30日は旧暦の大みそかにあたるため、一夜飾りと見なすこともあるようです。どうしても28日までに飾ることができない場合は、30日が適しているといわれています。間違った時期の正月飾りは、年神様に対して失礼にあたるため、飾る時期にも気を付けましょう。地域により異なりますが、一般的には1月7日までが「松の内」といわれ、松の内が終わるまでは正月飾りは飾ったままにします。外した正月飾りや正月花は、近くの神社へ納める、どんど焼きで焼くなどが理想です。奉納やどんど焼きができない場合は塩で清め、新聞紙などに丁寧に包み、ごみとして捨ててください

験を担いで収束を願い、新たな年で打ち勝てます様に祈りを込めました

帰宅したら家の門松も飾り、年神様を迎えたいと思います。

年末は寒くなるとの事。

寒暖差が大きくなる季節柄ですが、コロナに負けずに無理をなさらずにお身体をご自愛の上、健康に過ごしてくださいね。

IMG_7022.jpg

良いお年をお迎えください。博♪

IMG_7007.jpg

静岡展示場は、新年令和3年1月3日、日曜日より営業しております。

感染対策をして、ご来場をお待ちしておりますhouse

 

Posted by 花みずき工房 at 7:46 │スタッフブログ

お知らせ

カテゴリー
新しい記事
興味をお持ちの方は
資料請求
お問い合わせ
来場予約

ページトップへ