スタッフブログ

見学会やイベント情報などのお知らせや、スタッフの日々の一コマをお送りします。

2019年01月08日

平成三十一年は「亥」歳

平成三十一年は「亥」歳ですね。

新たな年を迎え、皆様にとって本年にご多幸がありますようお祈りいたしております。

 

静岡支店では、恒例となった「おせんげんさん」に行ってきました。

今年は御祈祷も実施。全員で祈願してきました。

IMG_3819.jpgIMG_3830.jpgIMG_3831.jpg

 

神部神社(かんべじんじゃ)/神紋:輪宝-駿府城築城の時に現在地移設

浅間神社(あさまじんじゃ)/神紋:梡櫚葉-富士山本宮浅間神社より分霊

大歳御祖神社(おおとしみおやじんじゃ)神紋:立葵-安陪市の守護神

境内社:麓山神社・八千戈神社・少彦名神社・玉鉾神社

総称し、静岡浅間神社(しずおかせんげんじんじゃ)と言われ、7社参りのパワースポットとしても有名です。

20190107084954_00001.jpg20190107084954_00002.jpgIMG_3828.jpg

 

御鎮座は何れも千古の昔にさかのぼり、駿河国総社として広く信仰されている。

社殿は文化元年(1804年)から60年の歳月を費やして建築されたもので、漆塗り極彩色を施し、26棟全てが国の重要文化財に指定されています。

 

「20年かけての化粧直しで平成の大改修実施中」
(静岡浅間神社では、只今約20年かけて境内の重要文化財26棟の漆、彩色の塗替え工事を実施しております)

48419665_1944714309168743_3642479081322184704_n.png

工事中がほとんどの為、毎年訪れる都度発見があるのも楽しいですね。

味気ない壁に神紋があるのも視点が変わると同社殿の流れが解りますし、興味が尽きません。浅間さんの袋は「梡櫚葉」が印刷されており、購入すると「ようこそ、おいでいただけました」と巫女さんが丁寧に袋に入れて笑顔を向けてくれます。

IMG_3836.jpg

 

個人的に今年の見どころは3つありましたfuji

 

one「亥」って何を表しますか?

「猪」は日本だけであり、他アジアでは「豚」を差します。知った時は衝撃で、建造物等の絵姿で?!。でも表現は「亥」と記載します。調べてみると、豚のなじみがなく猪となった様ですね。単純な理由ですが、なんだか愛らしくなってしまい、日本だけ発展したと思うと愛着が沸きます。

IMG_3813.jpg

 

 

two「いのめ」って知っていますか?
「いのめ(猪目)」とは、読んで字のごとく「いのししの目」を表すのだそうです。
西洋ではハートマーク、日本では「いのめ」といい、古来の伝統的な魔除けのしるしなのだとか。調べると「獣の目には邪を払う畏怖」があるのではとの事でした。建築として申し上げるならば、建築装飾の「懸魚(げぎょ)」で破風(はふ)板の下に見られるものでもあります。それが発展したみたいですが、意匠的偶然のものが発展したと聞くと面白いですね。

 

IMG_3823.jpgIMG_3822.jpg

 

three平成30年3月に漆、彩色の塗り替え工事が完了したピカピカの少彦名神社の立川流彫刻 『萩に猪』。

社殿の正面右側に付いており、奇しくも本年干支で気分も高揚致します。少彦名神社のご神徳は「病気平癒・身体健全・技芸上達」。今年は祈祷でいただいた絵馬に願い事を書いて奉納してきました。

IMG_3833.jpgIMG_3834.jpgIMG_3816.jpg

 

新たな気持ちで今年一年よろしくお願いします。博♪

 

 

因みに・・・

少彦名神社例祭:1年に1度、この日だけ扉が開きます(参列は自由)
1月8日(火)午後3時より、境内社の少彦名神社の例祭が斎行されます。尚、当日限り、少彦名神社の御朱印を、帳面に書いて下さるとの事。境内社の御朱印については、直接帳面に朱印書きして下さるのは1年で1日だけとのことですから貴重です。お時間がある方は是非!

 

IMG_3815.jpg49178020_1944715095835331_4421088173128417280_o.jpg

 

 

 

Posted by 花みずき工房 at 12:14 │スタッフブログ

お知らせ

カテゴリー
新しい記事
興味をお持ちの方は
資料請求
お問い合わせ
来場予約

ページトップへ