移り変わる四季、気候風土と見事に調和してきた日本の民家には、先人の知恵があります。
深い軒は、夏には強い陽差しを防ぎ、冬にはたっぷりと陽光を取りこみながら、
軒下空間に陰翳を生みだし、土壁や無垢の木は呼吸をしながら湿気や匂いを吸いこみます。
生命力の強い針葉樹の特性を発揮した無垢の木の家は、優れた機能性はもとより、
自然に映える外観や、木組みの美しさを見せる梁や天井など、構造美としての魅力も併せ持っています。
こうした日本の住まいの原点を見つめ、その知恵を現代に受け継いだのが「森山一樹の家」。
肌感覚にも、心にも、心地良さが連なる家であること。美しさを備えた家であること。
そして、人にも環境にもやさしい家であること。
私達の精いっぱいの想いがそこに込められています。











自然に寄り添う暮らし、人の心と体にやさしい暮らしを考えるとき、
家を構成する素材には天然素材を活かしたいと考えます。
無垢の木をはじめ、石、陶器、漆喰や珪藻土、麻、葦(あし)、紙、ガラス、鉄、コルク、
様々な天然素材が持つ魅力と特性を充分知り尽くしていることで、
自然界の中で育まれた豊かな表情と優れた機能を
自在にコーディネートすることができます。











昔の日本家屋で培われてきた知恵は、
自然の力を活かす技術となって現代の家を快適な環境へ導いてくれます。
建物全体が呼吸をしているような造りで空気を動かし、建物内の温度と湿度を調整する。
夏は強い陽差しと外気を遮断し、冬は冷えた空気を遮断して、内部の温度を一定に保つ。
こうした仕組みを工法として取り入れたのが「エアサイクルシステム」です。
電気で動く設備や定期的なメンテナンスが要る機械はなるべく使わず、
建物そのものの構造が温度・湿度をコントロールすることで躯体の木も長持ちし、
ヒートショックやアレルギーなど体への負担を防ぐこともできます。













自然の生命が宿っている木は、工業製品と違って、一つとして同じものはありません。
木肌の色、つや、目の詰まり具合、強さや硬さ、形、一本一本すべてに個性があります。
その個性、木の性格を生かしきるために大事なのは、木の声に耳を傾け、木と語り合うこと。
持てる良さを最大限に発揮できる適所はどこか、美しさが際立つ仕立てはどうすべきか、
愛情をもって何十年も木と向き合い、森を知り、家を知る、それぞれの木の達人が、
木と会話を重ねることで、その生命が丸ごと生かされるのです。











家づくりを担う喜びは、お施主様との一生のおつき合いが始まることへの喜びでもあります。
私達にもたらされたご縁、出会いは、かけがえのない財産であり、誇りだからです。
ご家族の人生を豊かにする家づくりは、大きな責任に身が引き締まるとともに、
その夢を私達も共にかたちにできるという至福を感じる日々です。
一期一会のご縁から、生涯おつき合いさせていただく覚悟と励みを胸に、
私達は惜しみなく知恵と技を尽くします。