• page.01>02>03>04>05

基礎

耐久性・耐震性に優れたベタ基礎をより快適に

壁・天井

人と地球にやさしく、優れた断熱性と耐久性を持つ「マシュマロ断熱(吹き付けウレタンフォーム)」を使用

壁の内部に施した断熱材は、夏には強い太陽をさえぎって室内の温度上昇を抑え、冬には室内の温まった空気を閉じこめる働きをします。
隙間を無くすことで、温度差の少ない快適な空間をご提供します。トイレや浴室・洗面所等の温度差が小さくなることで、冬場のヒートショック(急激な温度変化による血管収縮)を未然に防止します。マシュマロ断熱は、フォーム内部の空気で断熱をしていますから断熱性能の劣化がなく、現場発泡で構造躯体にぴったり接着するので長期にわたり剥がれたり、隙間ができたりしません。シックハウスなどの原因とされる有機物質ホルムアルデヒドを発生させないだけでなく、厚生労働省のガイドラインに定められたVOC(揮発性有機化学物質)も検出されていません。さらにフロンガスも使わないので、地球環境、暮らす人、施工する人にもやさしい断熱材です。


2液ポリウレタンの科学反応により断熱材を形成。わずかな隙間にも入り込み、気密性も向上。

断熱 構造材に直接吹き付ける施工のため、冷気の侵入を防ぎます。
持続性 内部の99%は空気というエコ素材。空気の力で断熱をしているから、劣化の心配がありません。
柔軟性 現場発泡で躯体にぴったり接着。
収縮にも柔軟に追従し、剥がれや隙間もできません。
浸透性 連続気泡構造により木の呼吸を妨げることがなく、壁内の結露を防ぎます。
難燃 難燃剤の働きにより、火が点いても自己消化します。

隙間をとらえるぴったり吹き付け

わずかな隙間・コンセント・配管・熱橋となる金物部分も、吹き付け断熱なら、現場発泡でぴったりと接着。

サーモ画像による比較

  • 断熱材と構造材(柱・土台)のわずかな隙間から冷気が壁内に侵入しているため、温度差が大きい。

  • マシュマロ断熱は構造材(柱・土台)に接着するため、冷気の侵入がなく、温度差が小さい。

優れた透湿性によって、壁体内部の結露が外部に排出され、カビの発生や木材の腐食を防ぎ、健康で耐久性のある住宅を実現します。また、無機質なのでシロアリ被害がないのも特長です。

基礎幅

コーナーパンチ
基礎幅
優れた透湿性によって、壁体内部の結露が外部に排出され、カビの発生や木材の腐食を防ぎます。

耐久壁の外側には、内側からの湿気を通し、外側からの湿気を防ぐ防水シートを施工します。また、アルミ蒸着フィルム層により夏季の室内への熱の侵入を大幅にカットします。夏場の暑い時期で、39℃から36.5℃に軽減されました。

世界最高レベルの性能。床専用に開発された、厚さ60mmのフェノールフォーム断熱材「ジュピー」を使用し、下からの冷気を防ぎます。土台との間には気密テープを施し、隙間なく施工します。

断熱 熱伝導率は世界最高レベルの0.02W/(m.K)。他の断熱材と比較しても圧倒的な断熱性能を誇ります。
安全 素材は熱に強く、燃えにくいフェノール樹脂。燃焼時のホルムアルデヒドなどの発生ガスが少ない。
耐久 他の断熱材に比べ経年変化が極めて少なく、高い断熱性能が長く続きます。
環境 環境にやさしいノンフロン発泡の断熱材です。
  • 基礎幅次世代省エネルギー基準での厚さは45mmですが、花みずき工房ではより断熱性を高めるため60mmを使用しています。
  • コーナーパンチ接合面には気密テープを施し、 隙間なく施工します。

METHOD工法と性能

制震工法

構造セミナーや個別構造相談会を開催しています。

構造セミナーや個別構造相談会を開催しています。
実際に施工している現場監督がみなさまの質問にお答えします。お電話またはホームページからお気軽にお問い合わせください
  • 0120-862-838
  • イベント情報

花みずき工房の家づくりについて

家づくりの精神
デザイン
工法と性能
素材
技術力
家づくりの流れ
完成後のお付き合い
興味をお持ちの方は
資料請求
お問い合わせ

ページトップへ