• page.01>02>03>04>05

躯体

永く、大事に、住み継いでいただきたい

木で建てるということ

花みずき工房の木の家は、すべての通し柱と土台に無垢の檜を用いています。年輪が緻密で油分が多い檜は、粘り強く、伐採後も優れた耐久性を発揮して家を支えます。また壁面には、次世代型耐力パネルを使うことで、地震の揺れにも対応する家が可能になるのです。木の家をつくるには時間がかかります。手仕事で、その家のためだけに、柱となる木、梁となる木が、その場でつくり出されていきます。熟練の職人が木の知恵を活かし、寸分の妥協も許すことなく手をかけ、「永く、大事に、住み継いでいただきたい」という願いをこめて、木の家に命を吹き込んでいきます。

写真:木で建てるということ

日本古来の伝統工法に次世代耐力面材を組み合わせ永遠に丈夫な家へ

筋かい・パネル工法の長所を兼ね合わせたハイブリッド耐震工法

写真:筋かい・パネル工法の長所を兼ね合わせたハイブリッド耐震工法

写真:筋かい・パネル工法の長所を兼ね合わせたハイブリッド耐震工法

花みずき工房では『在来軸組工法』という工法を用いて家を建てています。これは柱と梁(縦軸材と横軸材)で建物を支える構造です。それに補助となる筋かい(柱と柱の間にある斜めの部材)で構成されています。柱で支える建物は日本古来からの構造なので『在来』と呼ばれています。木の家は湿度が高くなると湿気を吸収し、乾燥すると水分を放出します。木は呼吸をし、穏やかで快適な環境を保ちます。また強く耐久性に優れており、素材の強さ、しなやかさは随一で、伐られた後に圧縮や引っ張り、曲げの強度が増していくのが特徴です。

さらに在来軸組工法に加えて、次世代の耐力面材「MOISS SL(モイスSL)」を採用。何十年も安心して永く住んでいただくために、目に見えない構造、性能にこそ力を注ぎ、そのために先進の技術を積極的に取りいれる一方で、伝統工法の優れた点も余すところなく受け継ぎ、細部にまで配慮した安心安全な高耐久の家を実現しています。

図:筋かい

筋かいは、圧縮方向の力に対しては有効に働きますが、引っ張り方向の力に対しては十分な抵抗力があるとは言えません。

パネル工法は、壁面が一体となり力を分散させます。筋かいと組み合わせることでより確かな耐震性を発揮します。

パネルには次世代型耐力面材「モイスSL」を使用

MOISS

地震・腐食・天然・火災・結露・耐熱・防音をキーワードに開発された、これまでの耐力面材のあらゆる弱点をカバーした次世代耐力面材「モイスSL」を使用しています。

建築基準法より高い基準の偏心率

偏心率とは、重心と剛心のへだたりのねじり抵抗に対する割合で、その数値が大きいほどバランスの悪い建物となります。木造住宅は建築基準法で偏心率0.3以下と規定されており、花みずき工房では耐震性を向上させるため0.15以下を自主基準としています。
地震力は建物の重心に作用すると考えられ、地震で外部から水平力が加わると、剛心(建物の強さ)を中心に建物の重心が振り子のような回転運動をするようになり、その結果として地震エネルギーの集中を受けた箇所は耐力が低下し、損傷へとつながっていきます。したがって、剛心と重心の距離は短い方が揺れは少なく、地震の影響も受けにくいことになります。

図:建築基準法より高い基準の偏心率

デザインや間取りの自由

パネルのみの工法では困難な、木を露出させたデザインや大きな開口部を確保することができます。また、間取り変更を含む大規模リフォームも比較的容易にできます。

軸組みにはすべてヒノキを使用

図:無垢のヒノキ

無垢のヒノキは耐久性・強度に優れています。また、非常に強い抗菌作用があり、シロアリやダニ・カビなどから大切な家を守ります。
集成材と比較すると接着剤が使われていないため、シックハウスや経年劣化の心配はありません。

さまざまな安心に対応ができます

METHOD工法と性能

断熱

構造セミナーや個別構造相談会を開催しています。

構造セミナーや個別構造相談会を開催しています。
実際に施工している現場監督がみなさまの質問にお答えします。お電話またはホームページからお気軽にお問い合わせください
  • 0120-862-838
  • イベント情報

花みずき工房の家づくりについて

家づくりの精神
デザイン
工法と性能
素材
技術力
家づくりの流れ
完成後のお付き合い
興味をお持ちの方は
資料請求
お問い合わせ

ページトップへ