• page.01>02>03>04>05

基礎

耐久性・耐震性に優れたベタ基礎をより快適に

不同沈下しないよう実績のある解析力による地盤調査を最初に行います

写真:地盤調査

地盤調査

地形や立地条件から土地状況を読み、地盤の締まり具合を調べます。調査は住宅の建設に適したSDS試験(スクリュードライバーサウンディング)を採用しています。住宅の建設予定に合わせて地盤データを採取。これにより敷地内における地盤の締まり具合の偏りや深さごとの土の性質を知ることができます。良質地盤で杭を打つといった、過剰設計の低減でコストダウンにもつながります。

耐久性・耐震性に優れたベタ基礎を採用

写真:配筋
配筋
鉄筋の間隔は200mm間隔で施工します。

地盤調査

建物の下全面を鉄筋コンクリートとする工法「ベタ基礎」。布基礎と比べ底面積が大きいので、荷重を分散させ、地盤沈下に対する耐久性や耐震性を発揮します。また、底面をコンクリートで覆うので、シロアリや湿気を防ぐことができます。

  • 基礎幅基礎幅
    基礎幅は150mmで施工します。
  • コーナーパンチコーナーパンチ
    外周のコーナー部分は耐震性を高めるために
    コーナーハンチ仕様としています。

さらに様々な技術を取り入れ、より快適な住まいに

写真:基礎パッキン

地盤調査

ムラもなく全体的に風が通るので換気量は換気口の1.5~2倍。基礎コンクリートと土台の木が接触しないので湿気も伝わらず、基礎を欠きこんだ換気口がないぶん強度もUPします。

  • 基礎幅
  • コーナーパンチ

写真:基礎パッキン

地盤調査

建物の大引きを支えます。錆びやシロアリを寄せ付けません。1本で3トン以上の重さを支えることができます。

地盤調査

地面からの水の吸収を防ぎ、高い弾性力によりクラックを防止。基礎の耐久性を向上させる「ハウスシューズ」使用。弾性アンダーフィラーと弾性アクリルシリコントップコートを併用した基礎仕上げ材です。

  • 基礎幅
  • コーナーパンチ

METHOD工法と性能

躯体

構造セミナーや個別構造相談会を開催しています。

構造セミナーや個別構造相談会を開催しています。
実際に施工している現場監督がみなさまの質問にお答えします。お電話またはホームページからお気軽にお問い合わせください
  • 0120-862-838
  • イベント情報

花みずき工房の家づくりについて

家づくりの精神
デザイン
工法と性能
素材
技術力
家づくりの流れ
完成後のお付き合い
興味をお持ちの方は
資料請求
お問い合わせ

ページトップへ